このエントリーをはてなブックマークに追加
開発物語
「真の自己」へと進化をもたらす、「内なる自己」の統合プロセス

「真の自己」へと進化をもたらす、「内なる自己」の統合プロセス

自分には、まだまだ、「秘めている可能性」があるはずだ。

そして、その可能性を開くことができたならば、
「本当の自分」として真価を発揮できるだろう。
不思議なことに、自分の深い深いところに、真の自己が眠っている感覚がある。
そして、もしその自己として、この人生を生きることができれば、
きっと、「本当の本当のど真ん中」といえる道を歩むことになるだろう。

 

そんな感覚をお持ちの、

「真の自己探求をされている方々」に向けて。

 

アイムラボ所長「生田知久」が開発した、

陰と陽の「内なる自己」を統合し、
「自己に進化」をもたらすプロセス

が、ようやく体系化され、1枚の概念図にまとまりました。

 

ちなみに、開発者の生田知久は、心理学も、哲学も宗教も、ほぼ知識がなく、
15年に及ぶ独自の実践と研究によって、開発をしています。

そのため、これらの知見が深い方々にとっては、違和感がある概念が含まれているかもしれません。
その場合は、ぜひ「○○の知見からすると、それは・・・」と言うお知恵をいただけましたら幸いでございます。

そして、「アイデンティティの統合」という概念には、様々な考えがあるかと思います。
その一つの仮説として御覧いただけましたら幸いでございます。

 

基本思想

大原則

 「すべての内なる自己には、存在意義がある。」

1、すべての物事には、陰と陽の側面があり、連鎖している。

2、すべての内なる自己には、統合された共通目的が存在する。

3、統合と中庸は2つで一つ。

4、人類の精神は、自他の幸福に向かっている。

5、自己統合の螺旋階段は、永遠に続く。

6、自己実現・自己統合・自己超越に、優劣はなく、同等の価値を持つ。

 

詳細に関しては、おいおいアイムラボの記事でもご紹介いたしますが、

今回の記事では、概念図のアニメーションと簡単な説明の共有のみとさせていただきます。

 

以下の画像をクリックしていただければ、アニメーションを動かすことができます。

※スマートフォンでは、閲覧できない場合がございます。
その場合は、PCで御覧ください。

 

自己進化の4段階

ここでは、この理論において当てはめている言葉の説明をいたします。

一般的に使われる言葉と、意味が違うかもしれませんので、あくまでこの理論においての定義とお考えください。

 

第1段階 「自我」

この段階では、「陰の自己」と「陽の自己」が、ほぼ無自覚で選択されている。

そして、この段階においての行動力の源泉の源泉は大きく2つ。

こんな自分を変えてやる!
こんな状況は嫌だ!
これは、絶対に許せない。

という「陰への否定」

そして、

これは、絶対に実現しなければならない。
これが、できないと、ダメだ。
どうしても、これを手に入れたい。

という「陽への執着」

この2つを持つことで、欲求、願望が発生し、行動をとることができる。

一般的には「否定」と「執着」は、あまりよくないものと捉えられがちです。

しかし、ここでは、精神が安定しないという「陰の側面」があるものの、
爆発的な行動力を生む「陽の側面」もあるものとして扱います。

 

 

第2段階 「才我」

「才我」は、開発者生田の造語。
才我が開かれた状態であれば、物事の陰と陽を俯瞰し、洞察する力を持っている。

「 陽の自己」の強みを強化し、TOP10%程度の力が発揮されている。
「陰の自己」の特性を活かし、自然体なエネルギーで成果を出せる。

そして、「陽極まりて、陰」と「陰極まりて、陽」を経験によって知っている。AかBかの二元論ではなく、広い視野と、多角的視点で第3の道を開く力が発揮されている。

才我の段階においては、行動レベル、対策レベル、価値観レベルにおいて、統合的なものを選択することができる。

しかし、アイデンティティレベルでは、分散状態になりやすい。「力が発揮されすぎる」という陽が極まりて陰となり、求めらていることを引き受けすぎ、多忙すぎる状態に陥ることがある。

 

 

第3段階 「真我」

内なる自己の「陰の自己」と「陽の自己」が存在意義レベルで統合される。そして、それを現実化することができ、内面と現実をも統合することができる。

この段階では、統合されたエネルギー体としての自己である「Being」と、統合された役割としての自己である「Role」の2つを開いていく。

そして、Beingの開放により、コミュニケーション、対人関係において、天才性が発揮される。また、Roleの発揮によって、能力、成果において、天才性が発揮される。

しかし、内なるこの2つの自己が双方とも、開放、発揮されたとき、その強いエネルギー同士の葛藤が生じる。この状態が起きたとき、初めて次の進化への道が開かれる。

 

第4段階 「竜我」

この理論の中の定義である「真我」である、BeingとRoleが統合された存在。最高の自然体でありながら、最強の力を発揮できる。

内的には丹田から、陰と陽の2重螺旋の竜巻のような感覚を感じることができる。また、名前の由来としては、この「竜巻、感覚」から、「竜」の字を取った。そして、竜は、神秘の存在と描かれることもあれば、邪悪の化身として描かれることもあり、陰陽両方の扱われ方をしていることも、選んだ理由のひとつである。

そして、自己統合の段階においては、内観を重視しすぎる傾向があるので、現実化に対して強いエネルギーを感じられる象徴にしたかったこともあり、この状態を竜我とした。

このとき、超フロー状態ともいえる状態となり、深い真の可能性が開かれていく。

 

本理論は、おそらくこの図解だけでは、イメージが付きにくいと思われますので、さらにご興味をお持ちの方は、ぜひ以下の無料メールブック「内なる地球」をご購読ください。

「内なる陰と陽の自己との統合」という概念が難解なので、陰陽のコントラストを作りたかったので、非常にフランクな対話による物語仕立てになっております。

sainou-dotsubo-banner

このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Posts

Comments are closed.

About Me

株式会社 WOW WAY 私たちは、 「私を生きたい!私を活かしたい!」と願われている方々の 「自己探求」と「自己統合」を支援する 実践的な「アイデンティティー・コンテンツ」の研究開発の専門家です。 一人でも多くの、自己探求者な方々が、 本当のWOWな私として、腹の底からWOWな道(WAY)を歩んで頂きたい。 そして、WOWな使命を、WOWなスタイル(WAY)で歩んで頂きたい。 私たちは、そんな想いからこのアイムラボを作りました。

Follow Me

News in Pictures